歓びに満ちた日々に。

知っておきたい借金と関連のある法律

借金というのはできれば計画的にしたいものですが、やはりそういった計画を立てるためには関連した知識や法律などを知っておくと便利なので、今回は簡単に説明していきたいと思います。
まず借金と関連のある法律としては貸金業法があります。
これは平成18年に改善されたことがあって、色々な点が変更されました。

 

まず一番大きな点としてはこれまでの上限金利であった出資法の29.2%を撤廃して、利息制限法内での上限20%までの貸し付けで一元化されたということです。
これによって以前までの金利であるグレーゾーン金利というのが、現在ではCMなどによって多く宣伝されている過払い請求の対象となるというのは覚えておくといいでしょう。
もちろんこの時期に借金をしていた人は過払い金が返還される可能性があるので法律事務所などに相談するのをおすすめします。
ちなみに自己破産手続きの最中に過払い金が見つかる事もよくあります。

 

自己破産の手続き中に過払い金が見つかったら?

 

過払い金については手続きが煩雑なので専門家に任せておくに越した事はありません。

母乳を嫌う若いママへ

私たち昭和世代は赤ちゃんは特別な理由がない限り母乳で育つものと思っていますが、平成世代の若いママの中には、母乳なんてありえないと思っている人がいると聞いて驚いています。

 

その理由は、乳房の形が崩れるからというものだそうですよ。
以前芸能人がそんなことを言っていましたが、まさか一般人がそんなことを言うなんて驚きました。
よほどスタイルに自信があってそれを崩したくないのか、子どもの成長よりも自分の美しさが大切なのかちょっと理解に苦しみます。
これは自分が年をとった証拠かもしれませんね。

 

もともと母乳が出にくい、また出ないという人は仕方ありませんが、そうでなければママと赤ちゃんの最初でもっとも大切なスキンシップですから、自然に任せてほしいという気がします。

 

また、母乳は赤ちゃんの健康的にも良い影響があるそうです。
もちろん、これはママがしっかりバランスの取れた食事をしていることが大前提ではありますが。
子育ては子どもが大きくなってみればほんの一瞬だったと思うはずですから、ぜひその一瞬をママも楽しんでもらいたいです。

ダイエット至上主義について

ダイエットをするさい、大切なのは目的です。
ダイエットで痩せるのは何のためかということはよくよく考えておくべきです。
そうでないと「ダイエットの目的がダイエットすること」ということになってしまいます。
つまり、ダエット至上主義になるということですね。
これはあまり望ましいことではありません。
例えば、痩せるために麻薬を使うなんていう事も目的と手段の履き違えからきたものです。
これは、まったくの本末転倒です。
ですから何のために痩せるのか?
この点を突き詰めて、目的の本質を見失わないようにしましょう。
ダイエット至上主義はそれで儲けようと思っているダイエット業界の陰謀という説もあります。
これも一概には否定できません。
業界に踊らされることのないようにしっかりとした考えのもとにダイエットをするべきです。